« 七匹のネコ ⑥ | トップページ | デコメ作ります! »

2008年12月 1日 (月)

七匹のネコ ⑦

   七匹のネコ ⑦
      みんな のびやかに



    むーむー
    気分はどう?


    うん
D011
.

.
   いいよ!
D012


 
   おなかを見せて ご機嫌むーむー

D013



   日光浴 しようか?


   うん いいね
D014


   ということで、 デッキに


    むーむー
    気持ち いい?


    うん あったかいね
D015



   むーむー
   このごろ ゴハンも いっぱい食べるよね
   具合 いいのかな?


   ゴハンおいしいよ
   のんびり静かにいられるしね
D016



   なら いいね‥‥


   うん それだけで いいよ
D017



   キャリアの子たちに なにをしてあげられているのか
   わからないけれど

   小春日和のきょう
   みんな 楽しかったようなのが
   嬉しいです



   長々としたログになりました。
   これが、七ニャンズの日常です。

   この日常が うんとうんと続きますように


.




   

   

|

« 七匹のネコ ⑥ | トップページ | デコメ作ります! »

コメント

KYOKOさま

ご無沙汰しています。いつもみせて頂いています。

様々ご苦労があるのは感じつつ、にゃんずみんな幸せそうで見ているだけで嬉しいです。みんないい顔してますね楽しい日々がますます続きますように。

一つ告白を「おじしゃま」がなぜか読めずに、「おじゃしま」っとずーっと読んでいた事に(^^;最近気がつきました。もじおくんの別名が「おじゃしま」?っと勝手に思っていました。頭がずーっと小春びよりだったようです(((^^;

投稿: ミカルママ1号 | 2008年12月 1日 (月) 23時47分

おいしいゴハンと暖かいお陽様とゆかいな同居猫達とただただ穏やかに健やかに過せることが何よりもの幸せだと思います。

むっくんのお腹コチョコチョしたいなぁ^^

投稿: とらこ | 2008年12月 1日 (月) 23時49分

今日はとっても良いお天気で、
素晴らしい日光浴日和でした。
むーむーくんも気持ちよかったでしょうね。

投稿: ネコムラ | 2008年12月 2日 (火) 00時02分

むーむー、今日も元気でいいね。むーむーは旦那の実家にいる猫に似ていてすごく親近感があります。まいにち幸せ、これがいちばんいいですね。
毎日が平凡に終わる。これがいかに大切か・・私のねこもてんかん、心臓病。大きな発作がでたら突然私の前からいなくなるかもしれない、毎日が何もなく終わるとすごくうれしいですね。
むーむーがこれからも平凡にすごせますように・・・

投稿: きな | 2008年12月 2日 (火) 00時09分

今日は、天気が良く、むっくんもデッキで日光浴、気持ち良さそうです。
毎日、どの猫ちゃんも、楽しく過ごしてますね。表情を見てるとわかりますよ。
途中のCMもGoodです!

投稿: ドラ | 2008年12月 2日 (火) 00時45分

あぁ。ムッくん いい顔してる。幸せなんだね。よかったね。いいお家に巡り合えて 本当に幸せだね。私もうれしいよ。
KYOKO様。いろいろ大変なことが日々、たくさんあるかと思われますが、これからも頑張ってブログの更新をよろしくお願いします。

投稿: にゃお | 2008年12月 2日 (火) 08時16分

むっくんはもともと優しくてゆったりした性格なんでしょうか。
そういえばとらおと仲が悪い、
なんて時もあったような気がしますが、
本来は博愛主義かもしれませんね。
もうケンカなんかない平和な日常を過ごしてね。

投稿: ショー吉 | 2008年12月 2日 (火) 09時36分

むーくん、お顔がふっくらした感じがします。
とても穏やかでいい表情ですね。
見ている私もなんだかとても癒されました。
すてきな写真、ありがとうございます^^

投稿: ぐり | 2008年12月 2日 (火) 11時58分

陽だまりのむーむー、毛皮がキラキラしてキレイですね。
たぶん、むーむーは、おなかいっぱいご飯が食べられて、あったかい寝床があって、かわいがってくれる人がいれば幸せなんです。ときどきチビチィーズとも遊べれば、言うことないのでは。
いい子だなぁ。「足るを知る」とか思い浮かんで、この子の様子を見ると、いつも何か気づかされるものがあります。

投稿: みちる | 2008年12月 2日 (火) 13時27分

むっくん、穏やかでいいお顔~きれいなブルーのおめめに、純粋無垢なおめめに、私の心のもやもやしたものが浄化されるような気がします。

投稿: はるこ | 2008年12月 2日 (火) 13時31分

むーむーのこの殿様然とした満足げな態度w。まんまるになったお顔もあくびもとってもかわいい!むーむーの写真にKYOKOさんの語りかけが入ると、もう私はパブロフの犬(笑)のようにうるうるきて、他の子とはまた違った質の幸せをいつもたくさん受け取っています。説明しにくいのですが…(^_^;)。KYOKOさんと猫さん達とのこの幸せな日常、そして私のこの幸せもずっとずっと続くといいな。

投稿: えむち | 2008年12月 2日 (火) 13時40分

むーむー、本当にキレイだなぁ…見とれちゃいます♪

投稿: namy | 2008年12月 2日 (火) 13時48分

むっくんしあわせね。
ぽてぽてとゆっくり暮らせるといいね。
キャリアの子も元気な子も、やっぱり心地よく過ごすのが一番ですね。気持ち良いお昼寝ができる日々が続けられることが幸せなんですよね。寝子ですからね。これからもむっくんのリラックスした写真楽しみにしていますね。

投稿: Waissと海 | 2008年12月 2日 (火) 21時14分

むっくん、毎日穏やかでイイネ。
長生きするのよ~。

投稿: 銀次郎と鈴 | 2008年12月 2日 (火) 21時16分

むーむー、とてもいい顔してます。
穏やかな雰囲気が漂ってますね。
そして青いお目目がとってもキレイ。


これから先もずっと、
穏やかでのんびりした日々が
むーむーに続きますように。
そしてそんなむーむーを、
ずっと長く見ていたいです。

投稿: みーちゃん | 2008年12月 2日 (火) 22時11分

むっくん、本当に優雅で美しい猫ですね。
食事も美味しく摂れて、ふっくらしている様なので安心しました。
ウチの猫は口内炎が良くなって油断していると、すぐ再発の繰り返しです。
でも、カレンデュラ(場合によってはなたまめ茶とブレンド)を飲むとカリカリも平気で食べているので、まあいいかと。
今日も出血し、乾いて黒くカピカピになった口元をしていましたが、保護後、半年近く強制給餌でガリガリ(2㎏弱)だったのが自力で食べて3㎏超になれたのが夢のようです。
大好物のホタテの貝柱をほぐして振舞うと、夢中で食べています。
kyokoさんも多頭飼いで何かと大変かと思いますが、どうぞ御自愛下さい。

投稿: かれん | 2008年12月 3日 (水) 22時04分

◆ ミカルママ1号さん。ニャンズがノンビリとしていることが、ワタシにとって一番の幸せです。 「おじゃしま」。なんて、難しい名前でしょう! オジャオジャしている縞模様、ってことでしょうか? 「おじゃしま 事件です」。ぷぷっ。


◆ とらこさん。仲間と一緒、というのはむっくんには出来ませんけど。穏やかに過ごしてもらっているようなので、ほっとしてます。 むっくん、さわられても、抱かれても、全然嫌がりませんよ~。


◆ ネコムラさん。むーむーに、マルさんのこと、話してあげました。キャリアとか関係ないんだね。のんびり穏やかに過ごせば、みんな、うんとうんと長生きできるんだね、って。マルさん。憧れです。


◆ きなさん。てんかんに心臓病。一日一日が、とても大切な時間だと思います。平凡だけど、とても大切な時間。きなさんの子が、そんな毎日をずっとずっと過ごせますように。


◆ ドラさん。ただただ、ニャンズがちょっとでも楽しいように。たいしたことは出来ませんが、それだけを考えている我が家です。ニャンズが、そして、ちょっとてせも楽しければ、いいなぁ。

◆ にゃおさん。セブンとかケイタイとか、やっておりますが、基本的にワタシは「ブログが大事」なのです。ブログがあってこそ、皆様と知り合えてこそ、励まされてこそ、今の「おじしゃま~」があるのですから。楽しいブログであり続けたいです。


◆ ショー吉さん。むっくん、とらおとだけでなく、他の成猫とも、まるでダメです。一室六畳の主になっているのは、そのためです。多少のガン飛ばしはしても、取り合えず、他ニャンズと折り合ってくれれば、もうちょっと広いところの主になれるのになぁ。でも、まぁ、一室六畳で穏やかに暮らしているので、良かったです。


◆ ぐりさん。一室六畳のねいってみればヒッキーなのですが、穏やかでいてくれるのが嬉しいです。ずっとずっと、穏やかな日が続いてほしいと、祈るように願ってます。


◆ みちるさん。「足るを知る」。いい言葉ですね。本当に、むっくんを見ていると、そう思います。チビチィーズ、たまに同室させます。オチリを舐めないように、見張りつきですが。しかし、チビチィーズが大きくなっても、むっくんは受け入れるのかしら?


◆ はるこさん。むっくんの瞳は、本当にきれいで、じっと見つめてしまいます。その瞳を見つめながら「むーむーは元気 むーむーは元気」と言いながら撫でていると、ワタシのほうが元気で幸せになります。


◆ えむちさん。どうも、むーむーとの会話(?)は、とても静かなものになってしまいます。他ニャンズも、ワタシも、バタバタ元気なものなので、むーむーのは異質な時空といった感じです。この子がウチに来てくれて、本当に良かったです。


◆  namyさん。ありがとうございます。心の穏やかさが、姿になっているのでしょうね。


◆ Waissと海さん。キャリアとか、そうじゃないとか、本当は猫の毎日にはあまり関係ないじゃないかと、思うようになりました。どの子も、毎日が楽しくて穏やかで幸せであれば、それでいいのだ。と。そういう毎日を公開していきたいです。

◆ 銀次郎と鈴さん。むっくんは、きっときっと、うーんと長生きしてくれます!


◆ みーちゃんさん。一室六畳で、むっくんは穏やかに過ごしてくれてます。ウチの他ニャンズだったら、大騒ぎのストレスマックスになったことでしょう。そんな、ステキな子で良かったし、同時に切なくもなります。でもねだからこそ、うんとうんと長生きできるようにとの、神様からのギフトなのかもしれませんね。


◆ かれんさん。今は調子が良いのでカレンデュラはナシですが。「アェッ」と痛がってカリカリを食べづらかったのを思うと、カレンデュラを教えていただいて、本当に良かったです。 かれんさんチの子。ガリガリだったし、歩けなくて、口内炎で。でも、かれんさんにこんなに大切にされて‥‥、かれんさんチの子になれて、本当に本当に良かった。ワタシなどが想像できないほど、大変で辛いと思います。どうか、どうか、かれんさんと、かれんさんチの子が穏やかな日々を過ごせますように、願ってやみません。

投稿: KYOKO | 2008年12月 4日 (木) 22時49分

KYOKOさん、祈念有り難うございます。
思い返すと今年の1月末、アパートの玄関先にうずくまっていた猫を保護しました。
その前に、私の姿を見て蛇のようにニョロニョロ逃げて戻って来る事3回。
しかも、私の部屋は2階です。
この猫は近所の女性が自腹で避妊手術を受けさせたはずなのに、その後も耳にビーズを付けたまま出産・子育てを何回も繰り返しました。
そうです、獣医が手術を失敗したのです。
近所の人と再手術を計画していた時に不慮の事故に遭ったようです。
手術をお願いする予定の獣医に連れて行きましたが、誰の目から見ても無理なのでは?という感じでした。
首から下はほぼ麻痺状態で垂れ流し、経済的・環境的にも私が引き取るのは無理、安楽死も考えました。
そしたら、さすが愛護団体指定の獣医さん、安楽死は獣医が決断下すから、取り合えず面倒を見ろと。
その後、これ以上は何もしようが無い、貴方が思い付いた事を何でもしてあげてと匙投げ宣言。
その後は整体に行ったり、グッズを付けさせたり、思いつくままに色々。
私も必死だったけれど、とにかく猫が頑張りました。
ある時獣医に行ったら、「実はこんなに生きるとは思わなかった、この子すごいよ!ミラクルだね!」と言われました。
周りからは「あなたと縁がある猫だから面倒見てあげて!」と外堀埋められている状態。
7月初旬まではa/dとリブレフラワー・大麦若葉・エビオス錠を混ぜ合わせて強制給餌。
9月になって、このままでは先が見えないし、長時間の留守が出来ないと2人共日干しになると猫に相談。
自力でかなり食べられるようになっていたので
①もっと食べて太って欲しい。
②自力で水も飲めるようになって、長時間の留守番が出来るように。
とこの2点をお願いしました。
その直後からガツガツ食べて、もりもりウンチ。
食道に少し麻痺があるらしく咳き込むのだけれど、水もガブガブ自力で飲んでいました。
そして1週間程で見事クリア。
「私は約束守ったけれどアンタはどうなの~?」という感じでした。
猫は霊的な動物と聞いたことがありますが、本当に理解しているのですね。
そして少しずつ体力を付けつつ、現在に至るという所です。


何故こんな事を書いたかというと、獣医選びは慎重にして欲しいからです。
他にも犬の避妊手術で失敗した別の獣医の事を当事者から聞いた事があります。
しかも犬の方は事実を認めず、私も知っていましたが最悪な獣医だったようです。
愛想がよくても、獣医としての腕は分かりません。
少し具合の悪い時に何軒か受診して、獣医との相性や料金を確認しておいた方が安心です。


KYOKOさん、猫を保護して1年近く経つのですが、不思議な事に大変だった時の事があまり思い出せないのです。
それと私が縁という事を実感したのは、子育てから解放されてノンビリさせてあげたいと思い続けていたら、私が飼うという状況になっていた所ですかね。(笑)
そして猫は歩けないだけで、自力で食事もトイレの砂かけも出来るようになりましたから、大丈夫ですよ。
心配して下さって、有り難うございます。
そして、度々長々と失礼致しました。                                                                                                                                                                                                                                     

投稿: かれん | 2008年12月 6日 (土) 01時36分

すみません。
上に書いた件で追加です。
私はアパート住まいですが、基本的にはペット飼育不可物件です。
それなのに何故飼う事にしたかというと、この猫がほとんど鳴かないという事と、動き回れないからです。
60×90のケージの中でベッドに隣接したトイレにだけは移動できるのですが、それ以外はベッドの中でモゾモゾしています。
そして、以前は同じ建物に住んでいた大家が今はいないからです。
親しくしている不動産屋から実例として聞いたのですが、猫の飼育をした部屋はとても臭いのだそうです。
そして柱や壁はボロボロ。
そして、その臭いはなかなか抜けないそうです。
以前飼育がばれて退去を要求した人には、クリーニング代として20万円請求したそうです。
酷いと思うかも知れませんが、猫嫌いな人もいますし、そういう人には貸せない部屋になってしまいます。
今回の事は私も随分悩んだのですが、マーキングや爪とぎの心配が少ないので大丈夫かなと。
具合の悪そうな猫を見て保護したいと思っても、自分の住環境や経済的な面も良く考えて冷静に判断して下さい。
1人暮らしですと、外泊も難しくなります。
アパート追い出されたらどうしよう。
高い医療費どうしよう。(泣きそうでした。)
はっきり言って、生きた心地がしなかったです。
田舎への帰省も獣医のアドバイスでキャリーに入れて連れて行きました。
今は猫との同居も安定してきましたが、自分の安易な保護への反省として、これを書かせてもらいました。
            
それにしても、KYOKOさん夫妻はすごいですよね。
このブログの更新、楽しみにしています。     

投稿: かれん | 2008年12月 6日 (土) 07時48分

かれんさん。いろいろと、胸のふさがる思いです。それでも、まずは、この子がかれんさんに出会えて、こんなにも大切にされて、穏やかに暮らせていることが、とても嬉しいです。奇跡。それは、その子の「生きたい」という強い想いと、かれんさんの「生きさせたい」という優しい想いゆえのものだと思います。
そして、住環境も、その延長戦上だと。
ワタシも、借家やマンション住まいの頃、退去のときに多少もめました。今の子たちとは違う子たち複数飼いで(当時の子たちは、すでに死去しております)、確かに、家は痛みますから。
なんとしても、「自分の家」が欲しかったです。もつとも、持ち家でも、ご近所があるので、いろいろありますけれど。
安易な保護。わかります。住環境ということだけではなくて。わたしたち夫婦には子供がなく、少なくとも、あと20年、猫たちを幸せに過ごさせるということは、現実的には厳しいものがあります。
保護した子は、すべて里親に、と思っていたのですが、今のチビたちは、腹膜炎という爆弾を抱えているので、どうしようもありません。
いよいよになったら、わたしたちの猫の世話をしてくださる方に、すべての動産・不動産を譲ろうと考えてます。
かれんさん。どうか、安易な保護をしたなんて思わないでください。もう、ずいぶん悩まれた上での決断だったと思います。
行動半径の狭い子、ということが、かれんさんと暮らしていく最後の一押しになったのでしたら、それも「奇跡の運命」だと思います。
すみません。
うまく言えません。
お近くであれば、もっと実際的にお力になれるに。

かれんさんと、かれんさんチの子が、どうか、のびやかに幸せに過ごせますように。


投稿: KYOKO | 2008年12月 7日 (日) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七匹のネコ ⑦:

« 七匹のネコ ⑥ | トップページ | デコメ作ります! »