« とめ ご報告 | トップページ | ももンぼぉ & 結果報告 »

2008年10月 1日 (水)

おとなーズ 薬を飲む

   いえ、虫下しの薬(錠剤)なんですけどね。
   
   モジオくんは、するっと飲んでくれたねぇ。


   モジオを誰だと思ってるの?
   薬くらい、ちゃーんと飲めるに決まってるよ
A1_4



   おおっ、さすが、モジオおじしゃま!
   失礼なことを言ってしまいました。


.



   

.
   で。リコちゃん。
   じょうずに飲めなかったね。
   何度も、ペッ、したね。
   あげくに、飲んだあと、よだれが‥‥


   リコの上品な口に、あんなものは
   合いませんです。
   もっと上等なものを用意してくださいです。
A1_2


   申し訳ないけど、一ヵ月後に飲ませるのも
   同じ薬なので。



   ミミコ。
   ああ、ミミコや ミミコ。きみには、まいったよ。
   Shunさんと二人がかりで飲ませて、
   そして、そのあとのよだれの量といったら‥‥。


   ミミコォ、かわいいからぁ、わるい虫は
   つくと思うけどぉ。
   おなかにはぁ 虫なんてぇ いないのぉ。
   失礼しちゃうからぁ こーぎしたのぉ
A1_3


   むかしは お薬をすすんで食べてたのにねぇ。
   飽食のつけか‥‥。



   むーむー。
   いやがったよね、ムリするとストレスになるから、
   おかーさん、思い切って、お薬みっつにして
   ゴハンと一緒にしたら、食べてくれたね。


   あれ、薬だったの?
   ぼく、白いカリカリかと思ったよ。
A1_1


   むーむーは、なんでも食べてくれるから助かるよ。
   にんじんもカボチャも、ササヘルスも、
   ごはんに混ぜるだけで、OKだもん。



   とらおくん。
   最初はいやがって、ペッ、もしたけど、
   なんとか、ちゃんと飲めたねぇ。


   ちゃんと飲んだら、ごほうびにおいしいもの
   くれるかもって思ったんだけど
A1_5


   そういう期待にはこたえない、毅然としたところが
   ワタシのいいところである(?)
   うーん。とらおくんにも、むーむー方式が
   いいかもしれないなぁ。



   錠剤とかカプセルは、一回失敗すると、
   薬がベトベトになって、
   よけいに飲ませにくくなるのですよねぇ。
   来月、また飲ませないといけないのかぁ‥‥。
   なんか、前はもっと上手に飲ませられてたような‥‥。

   なお、投薬の結果報告は、よしておきます。
   ちなみに、チビチィーズは、少し前に
   病院で飲ませてもらいました。
   翌日、とめちゃんの結果を見て、叫んじゃいました。
   ふっ。

.
   
   

    

|

« とめ ご報告 | トップページ | ももンぼぉ & 結果報告 »

コメント

錠剤は一発であげるのを失敗すると、
アワアワなヨダレの洗礼を受けますよね(=_=)


ウチはゴハンに混ぜてもダメなので、
口を開けさせて喉の奥にまっすぐに打つべし!です……。

投稿: ショー吉 | 2008年10月 1日 (水) 22時47分

ミミコちゃんの大ファンです
我が家にも三毛猫がいるので
おかーさまのミミコちゃんへの愛情あふれる問いかけがたまりません

投稿: つぶらーしか | 2008年10月 2日 (木) 00時50分

猫にとってはなんでそんな苦い物飲まされなきゃいけないんだっって感じなんでしょうね。
でも、例え憎まれてもいつかわかってくれると信じてます。

ところで以前とめちゃんは撫でさせてくれないと書かれてましたが寝てる時はどうですか?
うちの子たちは元々撫でられるのが好きだったのかもしれませんが、私はとにかく子猫の頃から撫でるようにしています。
病院などでもモモは恐怖のあまり、かちかちに固まっているのですが、少しでも不安を取り除こうと思いずっと彼の背中を撫でています。
寝ている時ならよっぽど嫌でない限りは逃げることもないだろうし、気持ちよさがわかれば自分から撫でて欲しいとやって来ると思うのですが。

投稿: miwa | 2008年10月 2日 (木) 05時36分

そう・・・。猫に投薬は恐ろしい。もう、そういうことはやらなくてもよくなったけど、イヤ~な思い出です。動物って、味覚・嗅覚に頼って生きているから、“苦い”は、“毒、または腐った物”として判断するんでしたっけ。だから”食べないようにする”って聞いたことがあるような・・・。そうやって、生き抜く為に本能にインプットされている、と。本能に逆らうのは、ツライのは確かだよなぁ。でも、あなたの体の為に飲んでね(i-i)

投稿: にゃお | 2008年10月 2日 (木) 08時21分

家族が多いから同じ薬飲ませるにも、ひと騒動なんですね。でも楽しそうです(笑)。
ドロンタール(でしょうか?)だと、半分に割ってもデカイですよね。
うちのコも嫌がるので、硬めのパテ状の缶詰を一口サイズのお団子にしてその中に「破片」をしのばせます。最初の1つは警戒しつつ食べ、最後に破片だけご丁寧に吐き出すコがいるので、薬を入れないようにし、「もひとつ、ちょうだい!」ってなったら破片入りのをさしあげます。
あと数日前からお団子をおやつとして食べさせて「お団子は、おいしいもの」と刷り込ませておくと、薬あげる当日も一発でOKでした。
あとピルポケットという米国製の薬投与用のおやつも評判いいですよ。グミみたいなやわらかい素材で、ポケット状のところに薬を入れ、手で閉じてあげるおやつ。すごく簡単です。楽天などでペットジャンルで「ピルボケット」と入力すると、いくつも取扱ショップがでてきます。
それにしてもむっくん、笑わせてくれます。
白いカリカリだなんて。
だんだんむっくんのキャラがつかめてきたゾ。

投稿: piro | 2008年10月 2日 (木) 10時32分

うちの子も保護当時は薬OKでした。ミミコちゃんのようにバリボリ食べるほどではなかったけれど、口に入るものなら何でも飲み込んでいたんです。危険なくらいに(笑)。でも、やっぱり今はペッ、プッ、ポイで苦労します。
そういえば、今は元気いっぱい、パワフルなミミコちゃんも、当時は入院するなど大変な思いをしていたのですよね。こんなに立派に育ってくれて、本当にうれしいですね。

投稿: みちる | 2008年10月 2日 (木) 12時09分

おじさんズは
”苦さも不味さも幾年日、のど元過ぎればみんな一緒”
と、悟りの境地でしょう。
あれ、ムームー君ととらお君はいつからO家健康組合に入ったんですか?

投稿: TAMON | 2008年10月 2日 (木) 14時36分

ミミコちゃんに対しては名案があります!
まずはリコちゃまのお腹に腹巻きをして、その腹巻きに薬をくっつけておきます。
その薬の近くに大きく「食欲の秋!」と書いておけば、再びリコちゃまに齧り付く。ガブッて齧り付いた拍子に、お薬はミミコちゃんの喉を通過する事間違いなし!!
え?
ミミコちゃん、文字読めないから無理だって?そっか・・・まずは字の勉強からねぇ・・・。

投稿: オギャン | 2008年10月 2日 (木) 17時47分

ご無沙汰していました
9月から再開しました
一年休止しているうちに?
なんと!!本日美容院で
何気なくみていた女性セブンに
見覚えのある猫さん!!
えっえっこれってえ~!!
知らなかった。。。
すごい!!すごい!!
おめでとう??かな^^
すごぉ~い!!

投稿: みか | 2008年10月 2日 (木) 20時09分

薬飲ませるの難しいですよね!
モノ心ついた時から、猫さんがいた我家、父は薬飲ませ上手。
父の手にかかると、ヒョイっと口をあけて、喉奥にポイッ!ゴックン!
なぜかアンニュイな今日のおとなーズ!!!薬飲まされちゃったからかな?!

投稿: 銀次郎と鈴 | 2008年10月 2日 (木) 21時27分

うちの場合、後ろから羽交い絞めにしてニャンズの首を上に向けて口をこじあけ喉の奥のほうに錠剤を放り込みます。その後口と鼻の穴をおさえるとごくっと飲み込みます。
上手に飲む子と飲めない子に分かれますねぇ。

投稿: チャイナ | 2008年10月 2日 (木) 22時07分

お薬タイムも大変ですよね~。
ウチの場合も大変でした。若手コンビはそうでもないのですが、シニアの場合は飲んだふりをするのが上手すぎ(^^;)
モジオくんのようにするりと飲んでくれると楽なんですが・・・

投稿: sayuki | 2008年10月 2日 (木) 22時38分

まるで『おじしゃま劇場』の俳優陣みたいな写真ですね。統一感あっていい感じw。あたりまえながら、やっぱりおもしろいぐらい個性バラバラで、大変だけどその分楽しみも多そうですw。うちはありがたい事にお薬はまだあまりやらなくてすんでますが、液体のものを2人がかりで羽交い締めでした。次は錠剤にチャレンジ?っていってますが、自信ないなぁ…。初めての虫下しは、輪ゴム?って思っていてスルー。後で気づいて、ありえなさにぞ〜〜っでした。

投稿: えむち | 2008年10月 3日 (金) 15時46分

◆ ショー吉さん。まっすぐに、がなかなか出来ません~。しくしく。ショー吉さんは、上手に飲ませられてるみたいですねぇ。うらやましいです。


◆ つぶらーしかさん。初めまして。つぶらちゃん、お鼻の黒ポッチがかわいい♪ 背中に、ミミコと同じ茶色のポッチがありますねぇ。ウンメェのポッチ模様だわ♪ これからも、よろしくです。

◆ miwaさん。とめちゃん、寝ているときに撫でると、喉を鳴らしてくれます♪ まつくんは、だいぶ撫でさせてくれます。少しづつ、焦らず、ですね。撫でられること、触られることに慣れていたほうが、いろいろ絶対にいいですもん。アドバイス、ありがとうございます。うれしいです。

◆ にゃおさん。お薬って、苦いのですよね。コーティングしているのが、一発投薬できなければ溶けてしまって、苦さ丸々。ニャンズのために、上手に飲ませられたくなりたいです。

◆ piroさん。あの薬、大きいのですよねぇ、本当。チビチィーズには、またまた病院で飲ませてもらおうと思っています。ヘタなやり方でストレスになるといけないですぅ。 リコちゃんとミミコは偏食で、缶詰はほとんど食べないので、お団子作戦はムリかなぁ。モジオくんは、ささみ団子がいいかも。 商品名はちよっとわかりませんけど、かかりつけの病院で「お薬用のおやつ」みたいなのが売ってました。たぶん、同じものかと。どんな感じなのか、ちよっと獣医さんに尋ねてみよう♪ いろいろとアドバイスありがとうございます。助かります。
むっくん、飄々としてて、笑えますよ。

◆ みちるさん。大人になると、やっぱりダメなになっちゃうのですねぇ。まぁ、大人になっても無分別に何でも食べられたほうがヤバイことですよね。 そう、ミミコも大変でした。それが今や‥‥。そう考えると、チビチィーズ、今は大変だけど、もう少ししたら笑い話、と信じていられます。


◆ TAMONさん。健康組合には、去勢手術した時点で入っておりますよ~。ただし、医療費全額自費。弱小組合でございます。


◆ オギャンさん。あははは。セブンネタですね。字は読めないので、うにうにさんの絵というのはどうでしょう。うにうにさん、みっつけた、つっかまぇるのぉガブッ。うーん。リコちゃん、またまた「きゃぁぁぁぁ」だわ。


◆ みかさん。おひさしぶりです。美容室の友「女性セブン」! これからも、よろしくです。


◆ 銀次郎と鈴さん。う、うらやましい。ワタシも一時は上手だったのですけどねぇ。 ニャンズにすれば、アンニュイにもなろうというものなのでしょうね。ワタシも、ガックリ疲れましたよ。


◆ チャイナさん。同じようにやろうとするのですが、口に放り込む瞬間に動かれてしまって、狙いが外れちゃいます‥‥。飲み込め飲み込め、と、ニャンズのお口にマウスツーマウスで息を吹き込んだりもします。


◆ sayukiさん。そう、飲んだな、と思って安心していたら、後から床にお薬が転がっているのを見つけて、ガックリします。ちゃんと飲まなきゃ、効かないでしょ!と、キリキリしてしまいます。

◆ えむちさん。液体は、今、チビチィーズに飲ませてますが、小さい子なので、割とラクです。ただ、まつくんがアワぶくぶくになります。ので、空腹のときに、ちょっとの缶詰にまぶして食べさせてます。 ところで。輪ゴム。笑っちゃいました。実は、とめちゃんから出たのはSANADAくん。いやぁ。二度と見たくないです。


投稿: KYOKO | 2008年10月 5日 (日) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おとなーズ 薬を飲む:

« とめ ご報告 | トップページ | ももンぼぉ & 結果報告 »