« ちいちゃこちゃん | トップページ | ミミコ 猛進 »

2008年6月20日 (金)

ミミコ 諭す

   とらおくん、とらおくんってぇ
   ちゃんとウチの子になる気あるのぉ? 
       へっ?
M1


                  .

           .
   ミミコはねぇ。
   ここのヒトにさらわれたときぃ、
   じゃ、ここの子になるって決めてぇ、
   ずぅぅっと、おウチにいたのぉぉ。
          (↑ クリックで、そのログにいきます)
M4_2



   でもぉ、とらおくんってぇ、
   すぐ、お外に出してぇって言うのぉ。
   だからぁ、足、よごれてるぅぅ。
      入るとき、オバサンに拭いてもらったよ。
M2



   しがみついてもぉ、ここのウチの子になるぅ
   って、いう気持ちがユルくなぁいぃぃ?
        ミミコちゃん、くすぐったいよ。
M3



  あ、オバサンだ。ゴハン?
    また、ミミコの話し、聞いてないぃぃぃ。
M6




   ウチとか、ソトとか、よくわかんないんだよなぁ。
M7



   とりあえず、今は、ここで寝ようっと。
M5




   「モジオくん 諭す」での、
   ご心配・アドバイスのコメントありがとうございます。

   ちょっと、長くなりますが、
   レスに変えて。

   モジオくんは、最初、外でゴハンだけ
   やってました。
   しばらく、それが続いた頃、台風が来て、
   これはヤバいな、と、家に入れました。
   当時、二間の小さな「ペット可」のアパートに
   六匹のネコ。(ネコ虐待だわなぁ)
   モジオくんは、それでも、彼らの後ろで
   もじもじしながら、出て行くことはありませんでした。

   ミミコも、同様。
   ここに絶対いる、という意志がありました。

   とらおくんは。
   健康を大きく損ねることなく、成猫になれたのは、
   この地域でゴハンをもらえていたからでしょう。
   で。 
   そのためかどうかはわかりません。
   ユルい性格のせいかもしれません。
   このウチに居座るしか、生きていけない、
   と、言う「必死さ」を感じられないのです。
   ゴハンを食べ、くつろいだあとは
   「出して」と、窓際に座り込みます。
   ウチで夜をすごしたのは、
   前足を怪我していたときの二晩と、
   雨のひどい夜だけ。
   
   外出自由な飼い猫。
   というスタンスなのでしょうか。

   それはそれで、いいのです。

   リコちゃんとの関係も「時間がたてば」と、
   ワタシも思います。
   ミミコとのことを振り返れば、
   そうでしたから。

   ただ。
   ヒトには、とてもフレンドリーな、とらおくん。
   もし、我が家に、とらおくんだけだったら、
   それはもう、かわいくてかわいくて、
   「とらおバカ」になったことでしょう。
   本当に、もう、グニャグニャスリスリで、
   オロオロするくらいかわいいのです。

   だからこそ、思うのです。
   時間をかけて「そこそこに」やっていけている
   4ニャンズになるより、
   とらおくんとだけ、蜜月のような日々を送れる、
   そんな環境があるのなら。
   それこそが、幸せなのではないでしょうか。

   もちろん、
   「4ニヤンズ」とできれば、最高なのですが。

   ワタシが、とらおくんのセリフに
   「おかーさん」ではなく、「オバサン」としているのは、
   そんな、ビミョーな揺れのせいです。

   「ヒトと、とらおくんとだけの蜜月のような」
   環境を探す手立てが、すべて、なくなれば、
   時間をかけて、4ニャンズに。
   そう思っています。

   最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

       
               .

   
   
   

   
     
   

  

   

|

« ちいちゃこちゃん | トップページ | ミミコ 猛進 »

コメント

わかります。
我が家は、対猫関係で上手く行っているほうだと思いますが、マンツーマンで過した方が幸せだと思う仔は、ドラミと寅次です。
人が好きで、構われたくて仕方がないのです。
そんな仔を見てると悪い事したなぁと心が痛くなります。

とらおくん、可愛い仔だと思います。
とらおくんがビシッと決めれば、腰巾着のように
ベッタリしていると思います^^

投稿: とらこ | 2008年6月20日 (金) 22時28分

リンク先を見に行くと・・・あの頃のミミコちゃんはまだスマートでしたね。
とらおくんも、そこまで考えて貰えるとは・・・幸せモノですねぇ。

投稿: オギャン | 2008年6月20日 (金) 23時07分

すごく理解できます。
とにかく、とらお次第かもですね。


私も野良出身のチャトラを飼ってた経験があります。

人間が考えれば、家の中にいれば命の危険は最小限になり、ご飯も保障されるのに、となりますが、何がいいんだか大した用事もないだろうに外、外、外ってネコ、います。


ネコにはもしかしたらゴハンより大事なものがあるのかもしれない。いやそんな大したもんじゃなく、何を一番大切にしたらいいか今は自分でもわかんないのかも。

投稿: ショー吉 | 2008年6月21日 (土) 00時18分

本当、私のちっちゃなちっちゃな心ではとても想像できなかったぐらいもっととらおくんは愛されているのですね。こんなにかわいくて、これだけ自分と関わってしまったらもう私はエゴ丸出しでとらおくんを家に閉じこめてしまいそうです。とらおくんはとらおくんの考えや、自由がありますもんね。なんだか気づかされてしまいました。まだまだ私はだめですね。でもなんだか切ない関係ですね。人猫みんないいかたちに収まる事を切に願います。

投稿: えむち | 2008年6月21日 (土) 01時57分

猫にとってなにが幸せなのか?って永遠のテーマですよね。

でも僕は最近、「一緒に暮らしたい」っていう飼い主の気持ちを押しつけてもいいのかな?って思ってます。

人間だってどんな環境でもある程度不満もあれば、満足な事もありますし。

野生のキリンは立って寝るのに、動物園に来たキリンはちゃんと安心して横になってなるようになるそうです。
そのかわりなにもかもが自分の思いのままにという生活は失っちゃうんでしょうけどね。

とにかくどんな形にしろ、とらおくんの幸せを願ってます♪
写真を見ると今はとっても幸せそうです♪

投稿: アキヒト | 2008年6月21日 (土) 02時01分

とらお君!
おじちゃまや、生真面目なリコちゃん様ならいざ知れず、ミミコちゃんに諭されるようではダメです。
3にゃんずの諭しが効かないのなら、ぽれぽれのゴンおばさまに一言説教してもらいましょう。

猫を側に置く。悩みはつきませんね。
なんか、子供が増えてきたときの親の悩みのようですね。

投稿: TAMON | 2008年6月21日 (土) 10時06分

うちの子は、うちの子になってからもおさんぽ自由で、まだ若かった時は夕方から遊びに行って、真夜中過ぎに帰宅なんてあたりまえでした。それを制限する気持ちはありませんでした。真夜中に帰宅されるのは困りましたけど。今、死を目の前にして、それでも外に出たがるあの子を見ていると、止めているのは私のエゴだとはっきり、そう思わされます。自由猫なら、その選択肢もありですよ。とらおくんの心のままで、私は良いと思います。

投稿: にゃお | 2008年6月21日 (土) 10時52分

いつでもご飯は食べられて、暖かく安全な寝場所があれば、次に自由が欲しくなりますね=^エ^=、とらお君。
特に元気♂だと、興味たくさんあるもんね!とらお君。
茶虎種のフレンドリーさ、たまりませんね。だから余計いとおしくなってしまう。
寂しい経験を乗越えて、我家の子になった茶虎の鈴もベタベタフレンドリーなマダム猫です!!!

投稿: 銀次郎と鈴 | 2008年6月21日 (土) 12時06分

KYOKOさんご一家にとっても、とらおくんにとっても幸せな道がひらけますように。。。

投稿: みけこ。 | 2008年6月21日 (土) 12時49分

うーむむむむ。難しい問題です。難しすぎて、理解不能ピーピー理解不能ピーピーこのままだと、ショウトするまでにあと〇〇〇秒です。ビーピー危険危険・・・・・爆発しま・・・・・
ああびっくりしたぁ。目覚まし時計が暴走中。なので難しい問題はその子にとって良かろう、安全でくつろげる場所を提供するぐらいの気持ちで接していけたら良いかな。じぁ・・・・


投稿: | 2008年6月21日 (土) 13時52分

KYOKOさんが、そこまで考えておられるとは。。。
猫も色んな個性の子が居るから、
その子にあった環境ってのはあるのでしょう。
うん、まずはにゃんずもニンズも幸せなのが
一番ですよね。
とらお君にも、モジオ君、リコちゃん様、ミミコちゃんの3ニャンにも、
勿論、KYOKOさん、shunさんにも
みーんなに幸せな結果が出ますように。
東京からも祈っております(^-^)

投稿: しょう | 2008年6月21日 (土) 14時15分

みなさまへ。
ニャンズのことを、こんなにも気がけていただいて、とても嬉しいです。ありがとうございます。
とらおくんについては、リコちゃんのことがあるので、ワタシ自身、ちょっとネガティブになっているっぽいです。なにが本当にニャンズにとって幸せなことなのか、そんなことは絶対にわからないのに。
ただ、どうしても、マンツーニャンでかわいがっていただいたほうが、ヒト大好きとらおくんにとっては良いのではと思います。もっとも、とらおくんにしてみれば、ゴハン、寝場所、抱っこに加え、長年住み慣れた土地、というのも、幸福条件なのだろうなぁとも思い‥‥。
と、いろいろとウダウダ考えておりますが、ワタシの性格で、「あー、もう考えるのメンドくさいっ。も、ここにいるんだから、それでいいわ。ホレ、四ニャンズだ」と、近々、なっちゃうでしょう(苦笑)。
里親さんが見つかれば、それで良し。見つからなければ、それで良し。です。
いろいろと、ご心配・アドバイス・励まし、本当にありがとうございます。みなさまのコメントで、ずいぶんと気持ちが楽になりました。

投稿: KYOKO | 2008年6月21日 (土) 16時29分

とらおくん、リコちゃんにやさしくして、四ニャンズになれるようにしようね。ここより良い所はきっとないよ。

投稿: cha | 2008年6月21日 (土) 23時59分

結論の出ておられないらしい中、多分とても共感できると思います。
里親さんにしても何にしても、みな「ご縁」次第ですよね。
とらおくんが良いご縁に恵まれますように。
…しかし、KYOKOさんが心を砕いてくれているのに、本猫はのんびりさんですねぇ(^^;

投稿: saba-zou | 2008年6月22日 (日) 15時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミミコ 諭す:

« ちいちゃこちゃん | トップページ | ミミコ 猛進 »