« 第88話 ネコな、ひと(一)文字 | トップページ | 限度知らず »

2007年10月26日 (金)

安心です!

   ゴハン、たらないよ。
Q1

      前にあるのは、エサ満載のボール。
      ではなく、土だけが少し入ったプランター。

      この子が、良く食べるのだ。
      食べ終わっても、外からジッと見つめて
      (睨んで?)、無言の催促。


      ノラにゴハンをあげる。
      それは、最後までやらなければいけない。
      出来ないのなら、すべきじゃない。

      最後まで、みるつもりだった。
      突然の、やむにやまれぬ(人間側の)事情での
      引越し。

      ちょっとでも馴れていてくれたら、連れて行けたかも。
      けれど。
      ゴハンのお皿を差し出そうとするだけで、
      「シャーッ」と威嚇する子である。

      ああ、どうしよう。
      ゴハンはいつだってもらえる、と思わせてしまった。

      「Shunさん、仕事帰りにゴハン置いてきてよ」

      そんな話にまでなった。

      ‥‥。
      今の家を、ワタシの職場の方が借りてくださることに。

      「ネコが来るから、ゴハンあげてくれる?」
      「いいよ」
      「! ゴハン、送るね!」


      良かったね。
      ゴハン、ちゃんと出せるよ。
      ありがとうございます、Tちゃん。
 


      ゴハンはオッケー?
      このカゴも、オッケー?
Q2


     うーん。
     それ、モジオくんがお気に入りだけど。
     まっ、いいや。
     置いていくから、くつろいでね。
Q3



     引越し先の家の、斜め前のお宅の飼い猫
     クロ猫さん。
W1


     リコちゃんより、スレンダー。
     リコちゃんより、フレンドリー。

W2


    ここに来るの?
    遊んであげるよっ!
W3

       

|

« 第88話 ネコな、ひと(一)文字 | トップページ | 限度知らず »

コメント

良かったぁ^^
最後までお世話をしたくても出来なくなる事、あっても代わりにお世話をしてくれる方を探すのは困難ですもの。心優しい方に出会えて良かったです。シマ猫さんが入っている籠!我が家にもあります!母がフリマで見つけました。深さといい、幅の狭さといい、猫達がすっぽり収まっています。
こんなフレンドリーなクロ猫さんが居れば、新居での生活も楽しくなりそうですね^^

投稿: とらこ | 2007年10月26日 (金) 23時23分

やはり、猫優遇区ですね。
世の中には、猫を無責任に捨てる、虐待する人がいるのに、”引っ越した後この猫たちどうしよう"と考えてもらえる猫たち、恵まれています。
多分、通えない距離だから引っ越しされるんですよね。ネコも大事だが、肉親も大事ですから。
でも、このグレーのネコも立派で素敵ですね。
”ここでは常にゴハンはもらえないと理解しつつ、ゆっくり召し上がれ"と人間の身勝手な願いをしてしまう。

投稿: TAMON | 2007年10月26日 (金) 23時28分

お世話してくれる方がいて本当に良かった。
黒猫サン、可愛いーーー(絶叫!!)
私も撫で撫でしたい。
猫がたくさん居る地域で羨ましいな・・・。
kyokoさん、私の分まで撫で撫でして下さい。

投稿: ピヨコ。 | 2007年10月26日 (金) 23時56分

すごーい!
素敵ですねぇ、なんだか幸せの循環って
感じがしてしまいました(^-^)
ノラチャンにご飯を上げるなら、
最後までって言うのは大賛成です。
私も松吉を保護したとき、その覚悟を決めて、
家に上げましたから、なんだか同じ感覚が嬉しいです。
ともあれ、引越しとにゃんずが落ち着くのがサクっと済むといいですねぇ。
我が家、猫らは落ち着いたようですが、
ニンズの荷物がいまいち落ち着きません、、、

投稿: しょう | 2007年10月26日 (金) 23時59分

>「! ゴハン、送るね!」

どうせ新居でもおネコ様への炊き出しをするのだろうし、こうしてニャンゲル係数はどんどんと!!!


やがてニンズの食費は圧迫され、おかーさんにはダイエットにちょうど良いと喜び、shunさんは幸せそうなおネコ様を見てご満悦・・・。


ならば!八方丸く収まっているという事ですね。
(≧∇≦)ブハハハハッ

投稿: オギャン | 2007年10月27日 (土) 10時18分

◆ とらこさん。借りてくださる方がネコ嫌いだったらどうしようと、ちょっとドキドキでしたけど、良かったです。あのカゴは、ネコ飼いさんの家にはよくあるみたいです。ホント、ピッタリフィットですよね♪


◆ TAMONさん。最近は、この子も一日おきに来るようになりましたし、日によってはゴハンも残すようになりました。案外、他でもゴハンをもらってるのかも。だったら、本当にいいのですけど。食べられるときは、いっぱい食べてね、です。転居先は、車で一時間。通えなくはないのですけど、母が「いつもそばにいてほしい」と。で、いつでもすぐに駆けつけられる、スープの冷めない距離に、となりました。


◆ ピヨコ。さん。転居先のお向かいさん宅にはミケちゃんもいますし、他にもチョロチョロと見かけましたよ、ネコさん。も、いっぱいナデナデしま~す。今から、楽しみです♪


◆ しょうさん。そうですよね、一時の気まぐれで、ネコと関わってはいけませんよね。関わるのなら、一生をみる覚悟がなければ。友人には感謝、です。ゴハンあげてくれるって言ってもらえたときは、もう家賃タダにしようかと思ったくらいでした。お引越し、お疲れ様でした。ネコさんたちが落ち着いたとのことで、ワタシもホッとしました。次は、ブログの更新ですね! 楽しみに待ってますよ♪


◆ オギャンさん。「いっぱいのカケソバ」(古~)ならぬ「一切れのお魚」? ワタシはカツオ節かけゴハンが大好きなので、「ひと袋のカツオ節」かな。もちろん、人間はおネコさまの残り‥‥。ネコが太ればKYOKOは痩せる、だわ。いやいや。向こうは、ご近所がネコ飼いさんなので、炊き出しは分け合えるのではないかと‥‥。

投稿: KYOKO | 2007年10月27日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第88話 ネコな、ひと(一)文字 | トップページ | 限度知らず »